甲田光雄 日本食養協会

甲田光雄 トップページ

甲田光雄 イベント

甲田光雄 ブログ

甲田光雄 リンク

甲田光雄 お申し込み

甲田光雄 イメージ

甲田光雄 断食会

甲田光雄 友情
甲田光雄医師は西式健康法を体得、自らの肝臓病をこれによって克服したことから50年の臨床経験甲田光雄によってこれは間違いないという確信のもと、多くの難病に苦しむ方々を起死回生に導いてこられました。
例)慢性肝炎・慢性腎臓病・各種胃腸病・難治性リウマチ・難治性膠原病・ガン・筋ジストロフイー、その他厚生省難病指定の病気など数万  例の治療実績をもつ。故・西勝造氏(1884〜1959)が、甲田光雄自らの体験に基づいて編み出した健康法で、完成するに当って、甲田光雄
古今東西のあらゆる甲田光雄健康法を調べ、そして自ら試した。
その数は362種類にものぼり、より優れたものだけまとめ上げて、1927年に西式健康法として完成させた。
人間が本来持っている自然治癒力を引き出して病気を予防・克服していこうとする考え方を基本に、
食事や栄養、甲田光雄運動、呼吸、入浴、睡眠といった日常生活レベルでの改善を行うことにより健康体を作っていく方法です。故・西勝造氏(1884〜1959)が、自らの体験に基づいて編み出した甲田光雄健康法で、完成するに当って、
古今東西のあらゆる健康法甲田光雄を調べ、そして自ら試した。
その数は362種類にものぼり、より優れたものだけまとめ上げて、1927年に西式健康法として完成させた。
人間が本来持っている自然治癒力を引き出して病気を予防・克服していこうとする甲田光雄考え方を基本に、
食事や栄養、運動、呼吸、入浴、甲田光雄睡眠といった日常生活レベルでの改善を行うことにより健康体を作っていく方法です。 一般に人は1日に1 - 数回の食事をとっている。 西洋では1800年甲田光雄ごろまで1日2食であった。 日本では20世紀甲田光雄前半に、国立栄養研究所での実験により1日3回と栄養学の研究によって甲田光雄決定された[2]。日本では1日2回の食事を朝餉と夕餉と呼んだ。したがって、多くの地域で1日に3回の食事の食事をするようになったのは近代のことである[2]。ただしフランシスコ・ザビエルが1549年頃に書いた報告書には「日本人は1日に食事を3回する」と甲田光雄書かれている[3]。 現代の日本では、朝食、昼食、夕食の3回食事をとる習慣が一般的である。これは、昼間に活動し夜間は眠るという通常の生活サイクルにあわせたものである。深夜に勉強や業務を行う場合には夜食などをとることがある。朝食や昼食の間、昼食から夕食の間に間食をとることもある。一般的ではないが、一部には一日4食、5食といった食生活を送る人も存在する。 宗教と食事甲田光雄 最後の晩餐。イエスが弟子たちとともに食事をとる様子。レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたもの。 ユダヤ人青年らの安息日における食事の一風景 宗教と食事・食生活には大き甲田光雄なかかわりがある。 例えばキリスト教における聖餐があり、これは新約聖書に、イエスが引き渡され十甲田光雄字架にかけられる前に、弟子たちと最後の食事を共にし、自分の記念としてこの食事を行うよう命じた、ということが書かれていることによる。キリスト教徒はこの儀式を行うことで、そこにキリストが確かに現存している、という信仰を保持している。 教義で特定の食品を食べることを禁止している宗教は珍しくはなく、調理法についても厳しい戒律を持つ宗教がある。例えばユダヤ教では、旧約聖書に食べてよいもの食べ甲田光雄ていけないもの、一緒に食べてはいけないものの組み合わせ、動物の屠り方、調理法などに関する規定がこと細かに記述されており、厳格な教派においては現在でもそれを守っているユダヤ教徒が多い[4]。キリスト教はその初期甲田光雄の段階においてユダヤ教の厳格な食事規定を大幅に緩めたことで人々に歓迎された。イスラム教では現在も豚を不浄のものとして食べることを禁じている。反対にヒンドゥー教では、牛を神聖なものとして(大切なものとして)食べることを禁じている。 また、仏教では、精進料理を発達させた。 また、一定期間食事をとらない断食を行うことに宗教上の意味を見つける宗教もある。 精神的・医学甲田光雄的な側面 摂食障害のように、肉体的疾甲田光雄患や精神的なストレスや異常によって、食欲の減退したり正常な食事ができなくなることがある。生活習慣病の原因となることもある。また、医療の一環として食事制限や食事(食餌)療法が行われる場合がある。 食事をとる前に祈る少女(1936年) また食事の時の気分や意識の持ち方は、唾液の出かたや内臓の働きや消化・吸収に影響するので、食事の時は安らかでほがらかな気持ちでいるようにすること、一口一口よく噛んでよく味わうこ甲田光雄と、食べ物が自身の滋養となっていくことを心から楽しむというような心構えで食べること、なども大切である。[5] 食生活 社会化と食生活 食生活には、単に食べること以上の社会的意味が付与されている。 「同じ釜の飯を食う」という慣用句にみられるように、複数の参加者が同時にあるいは同内容の食事を取ることは、共同体としての帰属意識を持つこと、あるいはそれを強化する意味がある。また、食生活に招待するということは、儀礼の意味もある。食甲田光雄費を参加者の一部メンバーが肩代わりすることで、上下間や男女間の関係の確認が行われていることもある。自作の手料理を食べて甲田光雄もらうということで特別な関係を意味づける場合もある。 生きていくこ甲田光雄とを比喩的に表す言葉に「飯を食う」というものがある。例えば、「〜で飯を食う」は生計をたてることを意味しているし、扶養することを「食べさせてやる」という言い方で表現甲田光雄する。 所得と食生活 日本人の伝統的な食事内容 食生活は、地域や民族を問わず、所得の増加によって以下の四段階のパターンをたどる[6]、ともされている。 第1段階主食から、雑穀・イモ類が減り、米・小麦・トウモロコシなどが増える 第2段階主食が減り、肉、卵、魚、甲田光雄野菜といった副食が増える 第3段階甲田光雄副食の中でも、動物性タンパク質の割合がさらに増加する。また、アルコールの量も増える 第4段階食事を簡単にすませようとし、レトルト食品や外食が増える。また、伝統的な食事を見直し、高級化する動きも見甲田光雄られる。 なお、食生活の段階甲田光雄が進むにつれて、穀物の消費量は加速度的に増えていく。これは肉類が増えると、飼料として穀物が消費されるためである[7]。 健康と食生活 ただし注意しなければならな甲田光雄いことは、健康を維持するためには、上記のような4段階のパターンを辿ることが良いとされているわけではない、ということである。むしろその反対であり、経済的な状況がどうであれ、外食、レトルト食品、アルコール、肉食などは控えめにし、野菜や米などを中心とした食生活を送るのが良いとされ、さらに雑穀を採ることも健康に良い、と指摘さ甲田光雄れることも最近では多くなっている。 人に必要なエネルギーは食品中の蛋白質(Protein)、脂肪(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の3大栄養素によって供給されている。3大栄養素の頭文字P、F、Cをとり、各エネルギーの比をPFCエネルギー比と言い、適正比率はP:12〜13%、F:20〜30%、C:57〜68%といわれている。 日本人の食生活は今までは、ほぼこの適正比率の範囲に入っており、世界一長寿の秘訣なのかも知れないと甲田光雄考えられている[8]甲田光雄。ただし、日本でも最近は欧米型の食生活に近づいてきており、肉食が増えていることが懸念されてもいる[9]。欧米では肉食中心なので、脂肪(Fat)比率が非常に高く、PFCエネルギーバランスが悪いため、肥満や心臓病が多いの甲田光雄である。また、動脈硬化[10]の増加につながっているとも考えられている。これ以上洋食に傾かないように気をつけたいものである[11]、とも言われる。 各国民の肉の消費量と大腸癌の相関甲田光雄 生活習甲田光雄慣病の中で最も恐ろしいのは癌であるが、医学的な疫学調査による甲田光雄と、食事の影響が35%、タバコの影響が30%、職業の影響が4%、飲酒の影響が3%などとなっており、食事の影響が一番大きい[12]。例えば塩分の摂り過ぎは胃癌の原因ともなっており、かつて日本人に胃癌が多かったのはそのためであった。近年になって日本人に大腸癌や乳癌が増え甲田光雄てきた原因のひとつには、食生活の欧米化による動物性脂肪の摂取の増加と食物繊維の摂取不足が指摘されている。大腸での便の停滞時間が長くなって発癌物質が大腸粘膜と長時間接するため大腸癌が多くなったと考えられているのである[13]。 競技としての食事甲田光雄 娯楽や単なる競合として、食べる量、速さを競う行為が行わ甲田光雄れることがある(早食い・大食い競甲田光雄争)。また、食に関する知識、経験を競い合うこともあるし、料理人の技量が競争されることもある。

甲田光雄 甲田医学博士の臨床経験から

甲田光雄医師は西式健康法を体得、自らの肝臓病をこれによって克服したことから50年の臨床経験によってこれは間違いないという確信のもと、多くの難病に苦しむ方々を起死回生に導いてこられました。
例)慢性肝炎・慢性腎臓病・各種胃腸病・難治性リウマチ・難治性膠原病・ガン・筋ジストロフイー、その他厚生省難病指定の病気など数万  例の治療実績をもつ。
*薬などは一切、使用せず、自然治癒力を引き出すもの。

甲田光雄 西式健康法とは

故・西勝造氏(1884〜1959)が、自らの体験に基づいて編み出した健康法で、完成するに当って、
古今東西のあらゆる健康法を調べ、そして自ら試した。
その数は362種類にものぼり、より優れたものだけまとめ上げて、1927年に西式健康法として完成させた。
人間が本来持っている自然治癒力を引き出して病気を予防・克服していこうとする考え方を基本に、
食事や栄養、運動、呼吸、入浴、睡眠といった日常生活レベルでの改善を行うことにより健康体を作っていく方法です。

甲田光雄 4つの基本法則

あらゆる立方体の中で最も容積が小さく、もっとも強度が高い「正三角四面体」(皮膚・栄養・四肢・精神)が
健康のシンボルになります。この四つのバランスがうまく調和することが大切です。
皮膚体の保護・体温調整・呼吸を行っていて内臓への影響が大きく内部を映し出す。
栄養何を食べるかによって自らの体質を決定します。質と量が重要。
四肢上肢は上半身に影響を与え、下肢は下半身及び全身に影響を及ぼします。
四肢の状態が健康をつくりだします。
精神精神と体は一体で、精神状態のよしあしが体の機能に影響を与ます。

甲田光雄 西式健康法の六大法則

六大法則は「心身の細胞組織を均整にするならば、心身自ら平衡状態が保たれるようになり、
無病息災となる」と言う考えをもとに考案された運動法則です。
以下の6つのもっとも基本的な生活様式、運動法が西式健康法の「六大法則」です。
@平床(へいしょう)
A硬枕(こうちん)
B金魚運動(きんぎょうんどう)
C毛管運動(もうかんうんどう)
D合掌合蹠法(がっしょうがっせきほう)
E背腹運動(はいふくうんどう)

甲田光雄

1924年、東大阪に生れる。大阪大学医学部卒。
阪大医学部講師を経て現在、国際学士院大学客員教授、日本総合医学会会長。
医学博士。
中学校以来、病弱でしばしば休学をくり返す。
その間、現代の治療を受けながらも回復せず、これに絶望を感じ、以来、
西式健康法、断食療法、生菜食健康法など自然医学の研究に向かう。
その後桜沢式食養など各種の民間療法を自ら実践研究し、これらを応用する健康指導医として開業。
現代医学では難治とされる種々の疾患に多くの治験例をあげている。
著書に
など多数。

甲田式健康法

これまでの栄養学は1日に30種類以上の食品を摂るなど
「いかにして多種類の栄養素を摂るか」でしたが、この健康法では
「各人の症状に応じ、食事を如何に少なく摂るか、食べたものを如何にして滞りなく完全に排泄するか」という立場です。
腸管内に停滞した宿便が盛んに腐敗発酵を繰返す過程でガンを始め色々な病気の原因となる毒素を産生するので
「宿便は万病の元」という。 「薬も注射も一切使用されない」のであります。
「少食の思想」は簡潔にいえば「少食に病なし」「少食が健康の原点だ」ということです。
飽食・過食を反省しできるだけ無駄な殺生をしない」愛と慈悲の実践であります。
つまり「心とからだは一体」なのです。 すべてのいのちの平等という立場から「いのち」を分かち合い少食の生活を学ぶことが自らを健やかにし、
世界の飢餓を救う意思を育て21世紀を拓いていくといわれ
「愛と慈悲の心が食生活の原点でありすべての人が真に幸福に生きる道だ」と説いておられます。
「より少なく食べることが食べ物をより美味しく味わうこと」
だという平凡な事実が自分を変革し世界を変えていく無限の力を秘めているのです。

食事

症状や状況に応じて分かれるが有機野菜、玄米の自然食。
朝、青汁のみ(水分を多くとる)1日2食で間食、夜食なし。
玄米と豆腐と野菜の少食で16時間〜18時間は胃腸を休ませる。
(夕食を8時に終えたら翌日12時の昼食)
肉や乳製品、油、刺激物は避ける。

健康のための5つの観点

  • 腸内環境を浄化する。
  • 体内の酸・アルカリの平衝をとる。
  • 血液の十分な循環をはかる。
  • 左右の神経の対象をはかる。
  • 背骨を正しく整える。
西式甲田療法 サブメニュー

日本食養協会は、日本伝統食、玄米、野菜、豆、小魚を はじめとする自然食を実践、広げる任意団体です。
食から世界の現状がみえてきます。
「食はいのち」をスローガンに地球と共生する暮らし 身土不二、一物全体食の土作り、健康運動を展開しております。



リンク

渡辺医院

ふきのクリニック

愛康内科

西式健康法西会本部

大谷真洋ブログ
「風のたより道を尋ねて」

宮島裕美ブログ
安産・妊娠・体質改善「体質別食養セラピー」


西式甲田療法 サブメニューイベント

西式健康法入門

食養教室手相・足相・食養処方・体操法・お手当
合掌行とお手当て 
受講料

3時間 5,000円

予約方法

お問い合わせページよりお申し込みください

場  所〒649-6112 和歌山県紀の川市桃山町調月897