戻る
●第12回健康合宿in和歌山(2006.7.24〜28)              

自分と他人を癒す手ができる40分合掌


手を合わす姿がなんともいえず美しい
 
                
 

春の竹の子掘り

○30代女性 (札幌)                   〜西会掲示板より本人の了解を得て抜粋) 
健康合宿行って参りました  投稿者:きみどり  投稿日: 7月29日(土)23時33分58秒

 昨日帰って来ました!!
素晴らしく充実した5日間でした。参加させてくれた全ての人、タイミングに
感謝したい気持ちでいっぱいです。
 
 合宿を主催された方、ご指導いただいた先生、参加された方々の
志の高さに多大な影響を受けました。
やっぱり一人でやるのと複数でやるのは違いますね。
まず、金魚運動のやり方から間違ってたし(笑)
青汁の作り方や、玄米粥を作る際に気を付ける事とか、塩の取り加減、

 あと症状によって異なる処方箋の根拠などなど、知らない事は他にも
まだまだ一杯ありますが、たくさん勉強させていただきました。
前々から興味があった脚絆も教えてもらいました。
直に巻き方を教えてもらわないと、不器用な私は適当な巻き方をしてたかもしれませんね。
合宿中に一晩だけ巻いて寝てみたんですが、夜中に片足が痺れて目が覚めて
はずすという事もありました。スイマグ飲んで寝たのに、腸の動きが止まるという
反応もすぐ出て、すごいな〜と思いました。
不安に感じましたが、先生に「症状即療法だよ。大丈夫。」と言って頂き、安心して続けてます。
「血糖値の高い人はカミソリ負けしやすい」なんてことまで教えてもらっちゃいました。
自分の為だけの少食や断食はとても辛いものになりがちですが、「自分の食べる分を減らす事によって、その分を、地球のどこかで飢えてる誰かの口に入るかもしれないんだ」と思えば少食も楽しく続けられる事を教わりました。

 40分合掌の時などは、他の皆さんの気がバシバシ伝わっちゃって泣きたくないのに泣いてしまうという現象も。

まだ終わった直後で興奮さめやらぬ状態なので、あまり人と接触しないようにしてます。
甲田療法の素晴らしさを「押し付けて」しまいそうだからです。
静かに穏やかにその良さを「証明」していくのが私の理想です。
早く宿便出してみたいです。(笑)長くなってごめんなさい。
報告でした・・・。

○50代女性、和歌山 
@合宿終了時 

 生菜食Bを5日間実行しましたが、空腹感が全くなく続ける自信がつきました。
散歩道の景色ののどかなことで気持ちが落ち着きました。また隣の畑でケール等の野菜を収穫して自然農法のネーブルとすぐジュースにできるのもうれしかったです。また参加者同士のあたたかい交流と道主様の熱 意に感動しました。この健康法によって多くの方が救われるよう祈りながらまず、1ヶ月続けます。五観のげを毎日、書写したことが私にとってよかったのでこれも毎日続けます。

A1週間後のお便り
 
 その節は何かとお世話になりました。私にはすんなり生菜食に入れましたこと感謝です。
美味しい青泥を飲む事も、夕飯も一段と待ちどおしいものとなりました。

B1ヶ月後のお便り

体重は47から44kg近くに迄落ちてきました。
         
 私、宿便らしもの出たように思います。帰って1週間くらいしてから黒いものがずっと出てました。
顔の浮腫み 手の浮腫みも取れたようです。お肌もつるつるして来ました。
道場へ行く前に、生米1合噛んでいたから、そこへプラスαで食べすぎだったのね。

 私は、心身ともにさわやかになり夜、眠ることも朝、目が覚めることも楽しみになりました。
段々とこの体感を味わっていくうちに、いかに多くの無駄をしてきたかわかりました。

 一家の主婦として主人や子どもに申し訳なかったと謝りました。
「煩悩無数誓願断」といいながら卑しくしていましたが少しずつ卒業できてきました。
入院以後、五観のげを覚えるために書いています。なるほどなあと思いながら。
「このお命、頂戴します」が身につけば豊かな1日が送れるような気がします。おなかが
すっきりしてるということに、ものすごくしあわせ感を感じています。
○40代男性 (大阪)
@ 終了時の感想

 禁酒が目的でしたが、不眠や胃腸の不調が好転するという甲田式を知りまた教えていただき心に陽がさした思いです。
原因不明の長患いで大量の薬の服用でやれるところまでやって家族を養うしかないと思ってあきらめていましたが福音のようです。
可能な範囲で精一杯、続けようと思います。
2日目の夜に黒や白の便が大量に出たのに驚きました。



A 4日後のお便り

 翌日、友の会と甲田医院へ行きました。どあつかましくも便箋とペンを借りて長年の詳細を書き、受付に渡したところ、「ああこれじゃあ見てもらえないですね。」とおっしゃるので、「なぜですか?」と伺った所「この医院の治療方法を行われた事がありますか?」と聞かれたんで「はい、和歌山の海南で体験しておりますし現在も継続して行っています。」と答えたところ「この病院は厳しいですよ、それでもいいですか?」と聞かれたので「はい、それについては伺っておりますし経験者のビデオも見せて頂きました。」と答えたところ、「ああ、だったら良いですよ。

 何日頃にしますかとおっしゃって下さって3ヶ月は覚悟していたのに来月、予約がとれました!甲田医院を出た後、48時間断食をする事に決め、昨日の夕食で48時間の本断食を終えました。食欲によるストレスは一切感じませんでしたが、夕食時に玄米のおかゆを炊いていると強烈に食欲が沸いてきて困りました。

甲田先生コメント: 個人でする48時間断食は危険とのことですのでご注意ください。

     
            
B 甲田先生の受診をされて

私の手を見て、「あんた、だいぶ食べ過ぎたな?」とニコッと笑っておっしゃいました。
また、おなかを触診されて「肝臓がはれてるな」
「私の出した食事を2ヶ月くらい続けたら、すぐ治るわ」頑固で怖いをイメージして行ったんですが、すごく優しい方で、心がなごみました。

医者に対して私が初めて持った感情です。
偉ぶることなど一切なく隣のおじいちゃんと話をしているようでした。
やっぱり本当に偉い人はちゃうねんなー。
 甲田医師は、おじいちゃんみたいな優しい人でした。とホームページに入れてくださ

C 退所約1ヵ月後

 以前では想像も出来なかったような体の楽な日々を享受しています。合宿に行ってから健康に向かっていてすごいラッキーな感じです。
合宿に行く前は75.5kgだったのが今は69.0kgになっています。
日に日に目に見えて落ちていっています。家内も変りぶりに驚いています。
色々ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

○20代女性大阪
 
腸にやさしい方法で、腸がきれいになるのを実感、うれしく感じながら参加しました。
肌が最終日にツルツルになっていてうれしかった。
玄米粥がおいしかったです。
        
○20代女性 (京都) 
 
以前から宿便取りに参加したいと思っていたので体験でききてよかったです。
普段の生活が異常であったと思いました。
○50代女性  (和歌山)

生の玄米粉がとてもおいしく驚きました。
いつも職場にピーナッツを持って行ってましたが明日からはこれにします。
○20代女性 (京都)

土を触れるのがうれしかった。プランターから野菜作り、始めます。
○60代女性 (大阪)

 食事がおいしかったので私にとって自信がつきました。
甲田先生とこの道場にご縁が出来たことに心から感謝します。
○60代男性 (滋賀)

 妻に付き添ってきましたが病気になる前にすることが大切ですね。
○60代女性 (滋賀)

 参加して最初、思っていたより楽になり今後、頑張 れる力が湧いてきました。
また参加できればうれしいです。

「今日、今から始めよう」 迷わずに絶対元気になる。 

ありがとうございました。
○50代女性 (大阪)
 新緑が目の前に見えて心洗われる縁側が素敵でした。
時間を持て余すのではと思っていたのにそれどころかスケジュールたっぷり。
仲間が増えてとても気持ちと体が楽になりました。
○20代男性 (鳥取)
 野菜ジュースがおいしかった。背腹運動の誤りを教えてもらえてよかった。
○50代女性 (大阪)

 
美しい緑ときれいな空気が子ども時代を思い起こさせてくれました。
また気持ちを新たに甲田式健康法をやり直したいと思います。

○30代女性

まず、白米を玄米に変えるところから始めます。明日から炊いてみます。
○20代女性 (大阪)
 
からし湿布心地よかった。
生の玄米がおいしかったのに驚き!光熱費節約のためのにも美容のためのも絶対続ける!
○30代 女性 (和歌山)
 
合宿後も4〜5日はお通じがよく、腹の張りが楽になりました!
料理教室で習った豆乳料理を実践し家族に喜ばれています。
またリセットに行きます。
○50代女性 (大阪)
 
美しい山々や庭を見ながら心とからだをみつめる3日間の合宿はとても楽しく充実した時間でした。
中でも温冷浴の仕方や料理教室、山の水をたっぷり飲めたことが今後の生活に役立ちそうです。
次回は母と娘の3人で参加したいと思いました。